FC2ブログ
風の影
2006年08月26日 (土)
はじめて「忘れられた本の墓場」を訪問したあの夜明けのことを、
ぼくはいまでもよく覚えている。

物語は、ここからはじまる。


かぜのかげ
題名に惹かれて読み始めた。
期待は裏切られず、物語の中に引き込まれ
読み終わったあとの充実感は、近頃忘れかけていたものだった。